0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
KMS 6つの特徴
KMSだからできる様々な分野で必要とされる「資格取得」
本校では、医療系国家資格をはじめとして医療とスポーツに関わる様々な資格が取得できます。 様々な世代の健康をサポートする日本健康スポーツ連盟認定の「健康スポーツセラピスト知識検定」、健康な身体づくりの指導をおこなう「生涯スポーツトレーナー」の資格取得が可能です。トップアスリートなどに関わることのできる、日本体育協会認定アスレティックトレーナーの資格が取得できる学科もあります。 つまり、地域社会におけるあらゆるニーズに対応する、確かな知識と技術の習得ができます。 更に、国家試験への再挑戦も徹底的にサポートする「聴講生制度」も充実しています。
リアルな現場から多くを学ぶ
リアルな現場を体験し、そこから学び取ることを重要視している本校では、学内の勉強にとどまらず様々な現場実習を行っています。学内で得た知識をより実践的に身に付けることで即戦力を養います。また現場にて対象となる方へ関わることで、人と人とのコミュニケーション能力も高めることもできます。九州医療スポーツ専門学校では身体的サポートだけでなく精神的サポートも提供できる人財を育成します。さらに学科を超えた学生同士の交流も情報共有として教育に活かされています。 変化していく地域社会から求められているニーズに常に応え続けるため、専門性の高い教育を提供しています。
ライフスタイルに合わせる学べる
資格取得を目指す学生のライフスタイルは様々です。そのような様々なライフスタイルにおいて、時間を有効に活用しながら資格取得が目指せることが本校の特徴です。
例えば柔道整復学科昼間部Ⅰ部と鍼灸学科昼間部Ⅱ部を併学することにより、3年間で医療とスポーツに関わる国家資格がダブルで取得できます。さらに週5日(月〜金)夜間部のアスレティックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科を組み合わせると、トリプルライセンスの取得も可能となり、3年後の活躍できる未来を更に広げることができます。また、夜間部学科も充実している為、働きながら学べるころは社会人にとっても大きな助けとなります。
業界第一線から学ぶ
九州医療スポーツ専門学校の講師陣は現場の業界第一線で活躍している指導者が多く、豊富なキャリアや経験をもつ講師陣により、様々な分野で活躍することのできるプロフェッショナルの育成を行っています。 そのような講師陣による授業では、医療現場のみならずスポーツ分野など現場での様々な臨床経験から学内の教育に反映できる内容を学生にわかりやすく解説し、学生の叶えたい夢をより具現化できるようにサポートしています。 “現場でのイメージを抱きながら学ぶことは、子どもや高齢者などあらゆる対象の方や疾患に合わせた対応を行えるようになる”そのようなより実践的な教育を目指しています。
KMSから全国へ
地域社会のニーズに合わせて取得した資格をどのように活かしていくかなど様々です。
本校はキャリアサポートセンターを設置し、就職に関わる様々な支援を行っています。その支援として、全国より多くの医療機関や施設の方々に来校いただき、年2回「合同企業説明会」を開催しています。
本校には全国より毎年度多くの求人票が寄せられ、その多くの求人票は、全学科の学生さんが自由に閲覧できるように管理しています。
このように充実した就職サポートにより九州医療スポーツ専門学校で資格を取得した高い知識と技術を身につけた人財が、全国各地で活躍しています。
卒業してもサポート継続
九州医療スポーツ専門学校では、授業のみならず学生生活の中における様々な問い合わせにも随時対応しています。勉強に対するサポートはもちろん、各クラス担任制により学生がいつでも相談しやすい環境を整えています。更にスクールカウンセラーによる専門的な心理的サポートも充実しています。 卒業後の活躍を見据えた就職に向けてのキャリアサポートそして卒業生も参加できるスキルアップのためのセミナーも開催して卒業後の技術向上 サポートも行っています。 更なる活躍できるフィールドの拡大のため、附属ナショナル整体学院への進学や保健体育教員免許取得に向けた星槎大学(通信制)への進学の道もあります。
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて