0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
スポーツ鍼灸学科
スポーツに特化した鍼灸師が求められています。
スポーツの経験を活かし、鍼灸師の資格を持つ
スポーツトレーナーになろう。
鍼灸師は本来、治療院で施術をおこなうことが多いですが、スポーツ鍼灸とはフィールドをスポーツ現場へと拡大しています。
施術による身体へのアプローチはもちろんのこと、精神的なフォローアップを、スポーツ選手が求めるその現場でタイムリーに提供します。スポーツ選手のニーズに合わせた、きめ細やかな施術は、これから活躍のフィールドを広げていける可能性を大きく秘めています。
スポーツの知識を兼ね備えた鍼灸師とは
鍼灸理論と実践に加え、競技スポーツや、健康づくり支援、介護医療の分野でも活用されている運動指導やトレーニング理論など、時代のニーズに対応した"健康"をプロデュースできるカリキュラムです。医療分野(東洋医学・西洋医学)とスポーツ分野(トレーナーなど)の両面からアプローチできる理論と技術を指導。はりときゅうを使いながら、一般の方から競技スポーツ選手までサポートできる鍼灸師をめざします。
鍼灸師活躍の場
鍼灸師が活躍する場は様々です。
地域医療を担う仕事として、鍼灸院があります。近年、痛みを取る外来の一つとして大学病院に鍼灸部門が開設され東洋医学の観点から治療を行っているところもあります。また、緩和ケアや終末期医療として治療を行うケースも有ります。
KMSが育成するスポーツ鍼灸師とは
1年次から3年次までの基礎分野のほとんどにスポーツ分野に関わる内容の授業が組み込まれています。また、1年次には身体の構造や機能を東洋・西洋医学の両面から学びます。さらに実技に関しては基本的な鍼のうち方、灸の据え方などを学びます。2年次には身体の異常や各疾患などについて東洋・西洋医学の両面から学び、実技はそれに必要な検査や身体の反応などを学びます。3年次には身体の異常や各疾患に対しての施術やケア、リハビリテーションなどを学び、それに必要な手技などを学びます。
6つの特徴
公益財団法人 日本健康スポーツ連盟認定
生涯スポーツトレーナー資格
スポーツトレーナーとしてヒトの身体構造を理解するための解剖学的知識“物理”と運動による生体応答を考察する!“生理”、そして客観的知識を基に運動へのモチベーションを対象者の主観に落とし込んていく“心理”。この3つのスキルを身につけ、あらゆる世代に対して生涯健康で動ける身体づくりを指導していく、これが生涯スポーツトレーナーです。スポーツ鍼灸学科ではこの3つのスキルを習得し0歳から100歳までの動ける身体づくりをサポートする生涯スポーツトレーナーの資格取得を目指します。
NSCAパーソナルトレーナーについて学べる!
いまやトレーナーがみるのはプロスポーツ選手だけではありません。NSCAパーソナルトレーナーでは年齢・性別・スポーツ経験を問わず、幅広い層の健康や体力に対してトレーニング指導を行う、優れた専門的能力を身に付けることができます。
夜間の通学で鍼灸師の資格が取得できる
鍼灸師になるための知識・技術を夜間の通学で学び、資格取得を目指すことが出来ます。昼間の予定、家事やお仕事後に学ぶことにより、自分の時間を有効に活用しながら国家資格取得を目指します。
パフォーマンスを上げる
スポーツ選手が結果を出すこと、スポーツ愛好家が楽しむこと。それをより良いものに変えることとして「パフォーマンスを上げる」ことが大切です。スポーツに関わる人々を全力でサポートすることで皆を笑顔にする力がスポーツ鍼灸には備わっています。
他では学べないスポーツアロマ
アロマテラピーには香りを嗅ぐことで心身ともにリラックスする効果があり、近年、医療分野でのメンタルケアや、スポーツ分野でのコンディションを整える目的として、オリンピックの選手村などで積極的に取り入れられています。本学科では、このアロマを実技の授業で取り入れ、今後のスポーツ分野での鍼灸において、活躍できる手技を得ることができます。実際の授業では、オイルを塗布する練習から成分を嗅ぎ分ける練習を行い、より実践的な内容を学びます。
楽しく身に付く人気授業
解剖学/体表観察/スポーツアロマ
本学科の人気のある授業は学んだことを活かす授業です。例えば、身体の構造を「解剖学」で学び、実際に習得した知識を活かして、相手の身体を正確に把握しているかを確認する「基礎実技3(体表観察)」や上記で紹介した「保健体育演習1(スポーツアロマ)」が人気を集めています。
■スポーツ鍼灸学科施設紹介
附属治療院
3年次、臨床実習を行います。
普通教室
身体に大切な知識を得るための学びのステージ、この教室で資格取得や実践をするための授業を行います。
鍼灸実技室
実践に大切な知識や技術を学ぶ鍼灸実技室、ここで幅広い内容を学び、様々な経験を積むことにより実技力を身につけます。
在校生からのメッセージ
先輩の言葉が、
未来のイメージに繋がります
私の夢は、総合的な知識を持つトレーナーとして、プロスポーツの現場で活躍することです。現在保有している柔道整復師をと日本体育協会アスレティックトレーナーの資格に加え、鍼灸師の資格取得を目指しています。学校では治療院やトレーニングの現場で活躍する先輩との接点が多く、現場ならではの実践的な話を聞く機会に恵まれています。集まる学生の職歴や年齢もさまざま。先生も生徒も、経験豊富な人がし集まっていることがKMSの魅力ですね。こうした生の声が刺激となり、自分の将来につながる。今ではそう確信しています。
よくある質問
仕事後に夜間の授業についていけるか不安です。
同じ志を持ったクラスメイトが支えてくれますし、勉強などでわからない部分は先生がサポートしてくれます。
運動が苦手でも大丈夫ですか?
中には身体を軽く動かす授業もありますが、患者さんも施術者も健康になるためのものです。もし不安なら遠慮無く相談してください!
教員紹介
松波 賢
スポーツ鍼灸学科
アイコン
学科長
松波 賢
身体の不調を解決できる鍼灸を学ぶことで、ワクワクしてもらえたら嬉しく思います。あなたの大切な時間を活用して、クラスメイトや講師と共に学んでいきましょう。
大中孝子
スポーツ鍼灸学科
アイコン
教員
澤口 真也
鍼灸は幅広いところで活躍が期待され、注目を集めています。鍼灸治療は多くの方々の身体の辛さを軽減し、喜んで頂けるやりがいのある資格です。多くの方々に笑顔を届ける治療家を目指しましょう。
カリキュラム
教育内容
基礎分野 ・健康スポーツ(未定)やスポーツ社会学(未定)など
専門基礎分野 ・解剖学・生理学
・病理学・リハビリテーション医学
・衛生学、公衆衛生学など
専門分野 ・東洋医学概論
・経路経穴概論
・東洋医学診断学
・基礎実技
・応用実技
・臨床実習など
夜間のカリキュラムではり師・きゅう師の国家資格を取得することが可能です。
また基礎分野にスポーツ分野に関する内容が多数組み込まれているのでスポーツに特化した内容を学ぶことができます。
入学
1年
基礎力養成を目的とし、自然科学や解剖学、生理学など様々な理論を学びます。主に身体の構造や機能が中心で、医学の基礎となります。1年次に学ぶこれらの基礎が、2年次、3年次にも必要な知識となっていきます。また、実技も基礎を重視しながら学んでいきます。
2年
病理学や衛生学、公衆衛生学、東洋医学診断など、専門基礎分野を中心に学びます。身体の異常について、西洋医学的、東洋医学的にも学んでいきます。実技においては、身体の異常に対する治療方法やより高度な技術を学び応用力を養います。
3年
臨床医学総論・各論、東洋医学臨床論など、専門基礎分野中心に学んでいきます。1・2年次に学んだ内容を元にさまざまな病気に対する実技的なケアやリハビリについて、西洋医学的のみでなく東洋医学の観点からもより深く学びます。知識・技術ともに、卒業後に活かせるよう、実践力を養います。
国家試験受験
はり師・きゅう師
定員・授業時間
学科 コース 募集定員 修業年限 授業時間
スポーツ鍼灸学科 夜間部 30名 3年 18:20〜21:30
はり師・きゅう師の国家資格だけではなく、生涯スポーツトレーナー/公益財団法人日本健康スポーツ連盟、NSCA認定パーソナルトレーナー/特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)などの資格も取得します。
卒業後の進路
鍼灸師
リラクセーションサロン
スポーツトレーナー
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて