0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
スポーツ鍼灸学科
スポーツに特化した鍼灸師が求められています。
スポーツの経験を活かし、鍼灸師の資格を持つ
スポーツトレーナーになろう。
鍼灸師は本来、治療院で施術をおこなうことが多いですが、スポーツ鍼灸とはフィールドをスポーツ現場へと拡大しています。
施術による身体へのアプローチはもちろんのこと、精神的なフォローアップを、スポーツ選手が求めるその現場でタイムリーに提供します。スポーツ選手のニーズに合わせた、きめ細やかな施術は、これから活躍のフィールドを広げていける可能性を大きく秘めています。
針灸師とは?
鍼灸理論と実践に加え、競技スポーツや、健康づくり支援、介護医療の分野でも活用されている運動指導やトレーニング理論など、時代のニーズに対応した"健康"をプロデュースできるカリキュラムです。医療分野(東洋医学・西洋医学)とスポーツ分野(トレーナーなど)の両面からアプローチできる理論と技術を指導。はりときゅうを使いながら、一般の方から競技スポーツ選手までサポートできる鍼灸師をめざします。
これからの針灸師とは?
1年次から3年次までの基礎分野のほとんどにスポーツ分野に関わる内容の授業が組み込まれています。また、1年次には身体の構造や機能を東洋・西洋医学の両面から学びます。さらに実技に関しては基本的な鍼のうち方、灸の据え方などを学びます。2年次には身体の異常や各疾患などについて東洋・西洋医学の両面から学び、実技はそれに必要な検査や身体の反応などを学びます。3年次には身体の異常や各疾患に対しての施術やケア、リハビリテーションなどを学び、それに必要な手技などを学びます。
学科について
学び方はいろいろ「my story」をつくろう!!
スポーツ鍼灸学科の授業では鍼灸の内容だけでなく、スポーツについても深く学びます。またテーピングやストレッチなどスポーツ現場で活かせる技術も修得し、活躍の場も広がります。週3日でも基礎から応用までしっかり学ぶことができ、可能性が膨らみます。
KMSで「my dream」をつかもう!!
スポーツに特化した知識をもつ鍼灸師がトレーナー活動に参加しています。テーピングやストレッチなどはもちろん、鍼灸という特性を活かし、身体だけでなく心のコンディション調節もサポートできます。
■スポーツ鍼灸学科施設紹介
附属治療院
3年次、臨床実習を行います。
普通教室
身体に大切な知識を得るための学びのステージ、この教室で資格取得や実践をするための授業を行います。
鍼灸実技室
実践に大切な知識や技術を学ぶ鍼灸実技室、ここで幅広い内容を学び、様々な経験を積むことにより実技力を身につけます。
在校生からのメッセージ
将来の可能性を広げてくれる
場所がKMSです。
学校には、整骨院やスポーツクリニックなどが併設されているので、将来の仕事現場を意識しながら学ぶことができます。また、プロスポーツの現場でトレーナー体験できることは他校にはない強みだと思います。私は、柔道整復学科に通っているときから、整骨院で働き現場で必要なスキルを身に付けることができました。その中で、鍼灸治療の魅力を知り、現在は鍼灸師の国家資格取得を目指しています。在学中から様々な業界の刺激をもらうことが多く、私にとって、KMSはまさに将来の可能性を広げてくれる場所になっています。
よくある質問
運動が苦手でも大丈夫ですか?
中には身体を軽く動かす授業もありますが、患者さんも施術者も健康になるためのものです。もし不安なら遠慮無く相談してください!
教員紹介
松波 賢
スポーツ鍼灸学科
アイコン
学科長
松波 賢
身体の不調を解決できる鍼灸を学ぶことで、ワクワクしてもらえたら嬉しく思います。あなたの大切な時間を活用して、クラスメイトや講師と共に学んでいきましょう。
大中孝子
スポーツ鍼灸学科
アイコン
教員
澤口 真也
鍼灸は幅広いところで活躍が期待され、注目を集めています。鍼灸治療は多くの方々の身体の辛さを軽減し、喜んで頂けるやりがいのある資格です。多くの方々に笑顔を届ける治療家を目指しましょう。
カリキュラム
教育内容
基礎分野 ・健康スポーツ(未定)やスポーツ社会学(未定)など
専門基礎分野 ・解剖学・生理学
・病理学・リハビリテーション医学
・衛生学、公衆衛生学など
専門分野 ・東洋医学概論
・経路経穴概論
・東洋医学診断学
・基礎実技
・応用実技
・臨床実習など
夜間のカリキュラムではり師・きゅう師の国家資格を取得することが可能です。
また基礎分野にスポーツ分野に関する内容が多数組み込まれているのでスポーツに特化した内容を学ぶことができます。
入学
1年
基礎力養成を目的とし、自然科学や解剖学、生理学など様々な理論を学びます。主に身体の構造や機能が中心で、医学の基礎となります。1年次に学ぶこれらの基礎が、2年次、3年次にも必要な知識となっていきます。また、実技も基礎を重視しながら学んでいきます。
2年
病理学や衛生学、公衆衛生学、東洋医学診断など、専門基礎分野を中心に学びます。身体の異常について、西洋医学的、東洋医学的にも学んでいきます。実技においては、身体の異常に対する治療方法やより高度な技術を学び応用力を養います。
3年
臨床医学総論・各論、東洋医学臨床論など、専門基礎分野中心に学んでいきます。1・2年次に学んだ内容を元にさまざまな病気に対する実技的なケアやリハビリについて、西洋医学的のみでなく東洋医学の観点からもより深く学びます。知識・技術ともに、卒業後に活かせるよう、実践力を養います。
国家試験受験
はり師・きゅう師
定員・授業時間
学科 コース 募集定員 修業年限 授業時間
スポーツ鍼灸学科 夜間部 30名 3年 18:20〜21:30
はり師・きゅう師の国家資格だけではなく、生涯スポーツトレーナー/公益財団法人日本健康スポーツ連盟、NSCA認定パーソナルトレーナー/特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)などの資格も取得します。
卒業後の進路
鍼灸師
リラクセーションサロン
スポーツトレーナー
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて