0歳から100歳までの動ける身体をつくる人財を育成する専門学校
保護者の方へ
資料請求はこちら
歯科衛生学科
KMSが目指す介護福祉士は、小さな子供からお年寄りまで、生涯にわたってサポートする「生涯スポーツトレーナー」でもあるケアワーカーです。あらゆる世代に必要な心身のサポートを学ぶことにより、自分自身の人間力を磨くこと ができます。
介護福祉学科の仕事とは
「その人らしさ」を支える心と生活のサポート
一言で表すと「その人らしく生活する」支援をするのが看護福祉士の仕事です。身体の介護だけでなく、心の介護、生活の支援など全人間的に関わりながら「その人らしさ」を支える。とてもやりがいのある仕事です。
介護福祉学科活躍の場
地域に密着した活躍のフィールド
高齢者施設だけでなく、デイサービスやデイケアなど地域に密着した介護保険の関連施設でも活躍しています。また知識や技術を地域で生かし、予防の領域でも活躍が期待されています。
KMSが育成する介護福祉学科
KMSの講師陣は調理士、保育士など他の国家資格を取得している者、学会などで発表している専門分野以外にも広範囲に知識・技能がある人物で構成されています。日本語教師の資格を取得している者もいるので、外国人の方でも安心して入学できるのが特徴です。
3つの特徴
より高度で専門的な介護福祉士へ
生涯スポーツトレーナー介護福祉学科は、健康寿命を増やすための教育もカリキュラムに含まれております。身体の動きを知って、どう高齢者にアプローチしていけばよいのかを考察しながら、知識を深めていきましょう。
即戦力となる介護福祉士へ
国際学園グループの強みとして、老人ホームをはじめ、小規模多機能型やデイサービスなど介護施設も運営しております。そのため、介護の現場の生の声を直に聞くことができたり、最新の介護の支援方法を知っていたりと、卒業後すぐに現場で活躍できる介護福祉士を目指せます。
働きながら学べる環境
午前中だけの授業(週1日を除く)で、国家資格を学ぶことができるカリキュラムとなっております。空いた時間は、勉強をしたり、趣味をしたりすることで、様々な教養を独自スタイルで身に付けることができます。
教員紹介
井上 由紀子

生涯スポーツトレーナー
介護福祉学科
アイコン
学科長
井上 由紀子
介護福祉は、コミュニケーションを用いて、障がいや高齢によって生活が困難になった利用者の自己実現を、生活として支援することです。それはまた援助する人が、利用者との関係をとおして、自分を知り、自分自身の成長を目指すことでもあります。みなさんが、介護福祉について学ぶ2年間の学生生活が、自分を知り、まわりの人と共感し合える関係をつくり、仲間とともに成長できる時間ろとして過ごせるように頑張っていきましょう。そして介護福祉士になる夢をかなえましょう。私たちは、全力で皆さんの学びを支えていきます。
カリキュラムの流れ
1年:基礎
介護の基本、心と身体の仕組みといった授業で、自分の状況から老年期にかけて生活スタイルがどう変化していくかを学んでいきます。夏休み明けからは、介護実習も行い、学校で学んだことと、高齢者施設など実際の現場を体験しながら介護について、勉学を深めていきます。
・介護の基本 ・認知症の理解 ・生活支援技術
2年:専門
1年次で学んだ知識・技術を基に、介護は身体で働くだけではなく、頭を使うことも要求されることを学習していきます。そして、現場でどのように高齢者に関わることで、高齢者の笑顔や元気につながるかを実習で学びながら、1月にある国家試験の合格を目指します。
・医療ケア ・ボディケア理論 ・介護課程Ⅲ
就職について
■取得可能な資格
・介護福祉士国家試験受験資格
・生涯スポーツ指導員資格
・スポーツリーダー(スポーツ指導基礎資格)
・レクリエーション資格
・リフレクソロジスト
・強度行動障がい支援者資格
■卒業後の進路
特別養護老人ホーム
老人保健施設
社会福祉協議会
病院
通所介護
訪問介護
入試日程
イベントカレンダー
年,
スキルアップセミナー
入学について
個別相談会
応援するアスリートについて