資料請求はこちら 電話でのお問い合わせはこちら0120-448-875 メールでのお問い合わせはこちら
オープンスクール日程
高卒資格(高校卒業資格)を取ろう!!

家庭の事情や、高校に入学したけれども自分に合わない、いじめや不登校などで学校に通えなくなってしまった方や中退してしまった方、夢やスポーツなどの両立が難しいけれど高校は卒業したい方など。通信制高校なら、自分にピッタリの学習方法で高校の卒業資格を取得することができます。

通信制高校は全日制高校や定時制高校と同じく「高校卒業資格取得」となる高校教育課程のひとつです。
主な違いは、学ぶ「場所」と「時間」、そして「学習方法」です。
自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。

これから過ごす大切な高校生活、せっかく通うなら自分にピッタリの学校を選びたいですよね。
通信制高校の「魅力や特徴」「サポート校や高卒認定予備校との違い」などをチェックして、 自分の目的とライフスタイルに合わせた学校を選びましょう!

通信制高校の魅力とは

「自由に使える時間」と「独自の学習方法」

★入学

不登校や長期欠席だった方でも入学が可能です。 以前に通っていた学校の内申書が響くことはほとんどありません。

★単位取得と卒業

通信制高校には学年の概念はなく、3年以上修学し必要単位を取得すれば卒業できるため、個人のペースで学べます。

★学習方法

自宅でパソコンを使ったライブレクチャーや携帯でのレポート提出など、ライフスタイルに合わせた学習方法が選べます。

★スクーリング(面接指導)

一般的には週1回〜月2回くらいから、1年に3泊4日の集中スクーリングを開催しているところもあり、全日制高校より自分の時間を多く持つことができます。

多くの通信制高校は単位制

単位制とは、科目ごとの修得単位を積み重ねていくシステムです。
多くの全日制高校で採用している学年制は、単位制の一種で、いわば「学年で区切られた単位制」です。学年ごとに決められた科目の必要な単位を修得できなければ留年となります。
一方、多くの通信制高校で採用している「単位制」は、学年という枠(区切り)はありません。必修科目以外は自分の関心や興味のある科目を履修し、卒業までに74単位を修得するなど、上表の要件を満たせばよいのです。これにより、それぞれのライフスタイルに合わせた主体的な生き方が実現できます。

通信制高校の入学は、春・秋入学、転・編入など

全日制高校や定時制高校の入学時期はおもに4月となっていますが、多くの通信制高校では、10月入学→9月卒業というコースもあります。なお、転編入については、随時受け入れを行っている学校も多くあります。
また、広域通信制と呼ばれる高校は全国から入学が可能です。入学するために引っ越す必要はありません。全国の特色のある通信制高校の中から、自分にあった高校を選ぶことが可能です。

各校の違いを知り、ピッタリな学校を探そう!!

各校の大きな違いは「高卒資格が取得できるかどうか」という点です。
「通信制高校」「サポート校」「高卒認定予備校」は、それぞれ位置づけや目的が大きく異なります。
各校の違いを理解し、それぞれ目的に合った参加校の詳細・特徴を確認しましょう!

高卒資格と高認の違い

高卒とは「高等学校を卒業」することを指します。
具体的には、学校教育法の第1条で定められた高等学校を「卒業すること」または「卒業したこと」を表します。
学校教育法の第一条で定められた高等学校を卒業するためには下記の条件が必要です。

1.全日制の課程の場合は「3年」、定時制の課程および通信制の課程の場合は「各学校が定める3年以上の期間」在学していること。

2.「高等学校学習指導要領」で定められた必履修科目を履修し、かつ、各学校が定める教科・科目の「履修」または「単位の修得」をしていること。

3.各学校が定める74単位以上の必要な単位数を修得していること。

大学・短大・専門学校に進学しない場合、履歴書上の最終学歴は「高校卒業」となります。

※ウィキペディアより引用

高卒資格と高認の違い

高認(高等学校卒業程度認定試験 )

平成17年度より大学入学資格検定(大検)が、高等学校卒業程度認定試験にかわりました。
高等学校卒業程度認定試験は、様々な理由で、高等学校を卒業できなかった者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験です。
合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。
ただし、大学・短大・専門学校に進学しない場合履歴書上の最終学歴は「中学卒業」のままです。

※文部科学省HPより引用